逃げた先も創作作業でした。

DSCN0566

年間作業をほぼ同時進行で
進めている最中ですが
ちょっと一息入れたくて
羊毛フェルトに三日だけ逃げました。

猫です。

DSCN0583

100均でとても手触りの良い毛糸に出会ってしまい
この毛並みの猫が欲しい物欲にかられ制作。

DSCN0567

目も100均で販売している
クリスタルEYE使用。
頭の作り方は前回同様
『うちのコにしたい!羊毛フェルト猫のつくり方』参照

DSCN0568

DSCN0569

DSCN0570

土台が出来たら植毛していきます。

DSCN0571

DSCN0572

胴体はフェルトロープ

DSCN0573

DSCN0574

毛糸を植毛していきます。

DSCN0575

DSCN0576

DSCN0577

思ったより胴が短くなってしまったので
切り離して修正

 DSCN0578

DSCN0579

胴回りをのばしました。

DSCN0581

DSCN0580

ひげはえんがわ屋さんから頂いた
空か海の本物の猫ひげ

DSCN0582

肉球はピンクです。















趣味の時間

DSCN0542

久々のモビール作り
パーツ制作自体は去年の浜松OpenAret後なのですが
ネズミ祭りに押し出されて
組み上がったのは最近です。

DSCN0352

雲形張り子の型作り
すべて油粘土だと量がものすごいので
発泡スチロールの玉を芯に使いました。

DSCN0353

DSCN0354

粘土型にラップをかけて
紙を貼っていきます。↓

DSCN0355


DSCN0401

ピンクの雲は北欧で縁起が良いらしいですが
少々色味がきつかったので
後で上から薄手の阿多古和紙を貼りました。

型を取り出した口から
糸を通して吊れるようにします。

DSCN0422

雲(?)4コの第1バージョン
白塗りの枝に吊るしてみましたが
ちょっと物足りなかったので↓

DSCN0543

DSCN0541

DSCN0542

雲6コの現在バージョン
作り足した雲はアジアン雑貨屋さんでもらった
去年のカレンダーでカラフルにしてみました。












 

年明けでした。

DSCN0468

いつの間にやら年が明けてたようで
おめでとうございます。

優美堂は年末から年始まで
仕事納めも仕事始めも関係なく
追われるようにネズミ祭り継続中でした。

出来たはしからお店に納めたり
年賀で知人にお渡ししたりしていて
まとまった写真などはないのですが
仕上げた数をかぞえてみたところ

ネズミ 66匹 招き猫 16匹 座り猫 14匹 を

昨年の12月から今日までで制作している事実に
自分で驚いております。

現在マルカワの蔵にて26日まで
大城忠治・阿多古和紙展で展示販売中です↓。

DSCN0483

DSCN0490

たまに驚かれるのですが
ネズミ達の柄は優美堂の手描きです。
ネズミの形が出来てから
胴体に直接描いております。

マルカワの蔵では現在同時展示で
手鞠作家さんの作品と

DSCN0499

工房小桜でご一緒した
消しゴムはんこの春太郎さんの展示が
ご覧いただけます。

DSCN0505

展示期間は同じく26日まで(最終日〜12:00まで)
月・火 定休です。

DSCN0506

↑このチラシは優美堂手作りになります。











ギャラリー
  • 逃げた先も創作作業でした。
  • 逃げた先も創作作業でした。
  • 逃げた先も創作作業でした。
  • 逃げた先も創作作業でした。
  • 逃げた先も創作作業でした。
  • 逃げた先も創作作業でした。
  • 逃げた先も創作作業でした。
  • 逃げた先も創作作業でした。
  • 逃げた先も創作作業でした。
メッセージ
  • ライブドアブログ