DSCN1806

引き続き 手首の受けの擦り合わせ。

DSCN1807

少し水分を足してひたすら擦っていきます。

DSCN1812

ゴム掛け部分をステンレス線で制作。

DSCN1814

基本構造はS字フックなんですが手首内に通すため極細仕上げ。
足の方も同じ作業工程になります。

DSCN1818

後はひたすら仕上げ磨き。
盛って削っていつもの作業。

DSCN1819

耳付きの顔も磨きます。

DSCN1816

仮組するとこんな感じ。

DSCN1817

とりあえず黒髪組三匹まで終了。