DSCN1861

着物着付け終わりました。

小さい子がいっぱいいる作業場は
なかなか華やかです。


DSCN1862

黒髪組三体 
実は真ん中の子はおなじ着物でもう一体いました。

DSCN1849
      ↑この子。

一足先に人形の優玉さんに見本として出張中。

 DSCN1864

DSCN1863

銀髪組。右の白と水色の髪飾りの子が客注分になりました。

DSCN1866

DSCN1868

DSCN1869

DSCN1872

DSCN1870

DSCN1871

客注品としてお迎えがきたこの子↑ 以外は
えんがわ屋さんにつれていきますので
よかったら実物を手に取ってみてやってください。

座高14cmの手のひらサイズです。