DSCN2013

羊毛フェルト製 鶴
材料を買い足して ヘロヘロしてた 末端部(嘴・羽根先)を補強してみた。

DSCN2014

DSCN2015

粘土と違っていつ作業を再開しても
素材の状態が変わらないのが
羊毛フェルトの良いところ。

DSCN2016
 


そろそろ本業にもどります。