DSCN7288

やっとキャッチ部分が安定して付けれるようになってきました。

DSCN7290

DSCN7289

位置(上下左右)と強度(粘土厚)と角度(ピンとキャッチのあたる角度)
とのミリ以下の格闘。

天水なんかはキャッチ部分がヘッド内部にあるため
強度はまったく問題ないんですが
交換するなら頭取らなくちゃいけないんで
客注品ではそうもいかず
耳たぶ部分だけで処理できるようになんとか調整。

DSCN7291

こっちは狐耳っぽくなってきました。