2014年06月

久々の作業報告です。

DSCN0936

なんかお久しぶりです。

OB展に向けて名刺のイラストとか描いてましたが
写真とる前に印刷担当に渡してしまって手元にありません。

8月19日搬入なので
しばらく無国籍風にかかりきりになると思います。
出来次第順次注文品にとりかかるつもりです。
(もう少々お待ちください。)



こんな工作もしてました。↓

DSCN0930

DSCN0931

DSCN0932

DSCN0934

腕・脚部分 をつぶさず乾かす支柱になります。
(太さ取り替え可)

その他色々調整中なんですが
写真にとって報告するほど見た目に変化がなくて困ります。



 

中間?報告。

DSCN0915

何度目だろうかの報告。

やっと納得いくラインまで調整できたので裏面削って
後頭部制作です。

 DSCN0914

なんか今乾きまちばかりだな...。


 

乾かしてます。

DSCN0912

手とか足とか。

DSCN0913

削って盛って乾かし中。


 

探っています。

DSCN0911

全体のサイズ出し。
スポンジでボリュームを付けつつ布選びの時に出した足の長さに
置いてみます。


基本ウチの子は 
文楽人形のように衣装を着た時自然に見えることを目指してるので 
球体関節のように造形的にボディをつくりこむことはほぼありません。

(最初の頃つくっていた30cmくらいの子でそれをやると布の厚みでウェストが
理想のサイズの3倍ほどになってしまいます。)


欲しいのは安定して座れて ここと思った位置でひざやひじがあり
長さ(座高・手足)のバランスが良い 可動性のあるボディ(着付け時に重要)
  

いつもはアルミ線ベースでボディを作っているので
衣装を着せた時に手足の長さを調整しているんですが(見本ちゃん参照)
この子のサイズだと重量に耐えられないので基本部分(首から腰)は
やむなく粘土仕様。

それでも軽量化にむけて構造案を練っています。









張っていきます。

DSCN0885

髪の毛張っていきます。

DSCN0886

まず頭皮部分を塗って
 
DSCN0887DSCN0888

今回は結わないので耳上からぐるっと一周。

DSCN0889

つむじが左寄りなので右サイド に一列足す。

DSCN0890

DSCN0891

あとはひたすら穴埋め作業あるのみ。

 DSCN0892




DSCN0893

色々はしょりましたが とりあえずこんな感じです。




 
ギャラリー
  • 小物。
  • 小物。
  • 小物。
  • 小物。
  • 小物。
  • 第二回 小桜アート展
  • 第二回 小桜アート展
  • 第二回 小桜アート展
  • 第二回 小桜アート展