2014年07月

客注・御鈴進捗。

DSCN1006


OB展用の子の合間をぬって 客注御鈴(ややミニ)の作業はここまできました。

劇的に見た目が変わる髪張りです。


DSCN1007DSCN1008

髪を結う子は髪型にあわせて分け目の部分を溝彫り。

DSCN1009DSCN1010

DSCN1011DSCN1013

 あとはひたすら束にした髪を張っていきます。
 
DSCN1015

DSCN1018

まだまつげを付けてないので目元が少しちがいますね。
(髪の毛がひっかかるので今回は後付けです)


DSCN1021

今回一番苦労しているのがサイズ合わせ。↑
こちらは調整後の写真ですが
座高を2cm下げて足の長さを10cm伸ばしました。

張った髪の厚さや結い方で素体の時とは全くバランスが変わってくるので
いつもこの時点で調整をしています。


DSCN1020


これで衣装のサイズが確定しそうです。


 DSCN1022

手足はまだこんななので もう少々お待ちください。








 

作業報告。

DSCN1002

各パーツ仕上げ中 肩首まわり。
今まで女の子は わりと襟で見えない衣装ばかりだったので
肉付きを確認しながらの整形。

 
DSCN1005

 とりあえず見えるとこだけ仕上げ磨きです。



 

うさぎ。

DSCN0995

先日久しぶりに えんがわ屋さんにいってまいりました。

五月に送り出して以来のうさぎ達です。
すっかり店にとけこんでいました。   


DSCN0992

DSCN0990

DSCN0998

DSCN0987

DSCN0997


意外と反響があるようで かわいがってもらってます。








衣装続報。

DSCN0985

DSCN0984

丸投げた衣装が組み上がってきました。
まだちゃんと着付けてませんが これで一山超えました。

ここからまたバラして各パーツの仕上げです。
 



 

衣装。

DSCN0976

衣装にとりかかりました。

DSCN0977

無国籍風とは言いながらも
ベースのデザインはヨルダンの民族衣装カラカ。
たふたふの袖と裾のシルエットを残しつつ そのままでは地味なので
人形用に自己流アレンジ。

「世界の伝統服飾」で写真をみたときから 一度チャレンジしてみたかった衣装です。


DSCN0979

採寸と布合わせが一通り終わると
裁縫方に丸投げします。(笑)


DSCN0980

 




 
ギャラリー
  • インスタグラム
  • インスタグラム
  • しばらくぶりです。
  • しばらくぶりです。
  • しばらくぶりです。
  • しばらくぶりです。
  • しばらくぶりです。
  • しばらくぶりです。
  • しばらくぶりです。