2015年02月

人形ではないんですが。2

DSCN2004

鶴です。
羊毛フェルト製。

チクチク自分でつくってます。↓

DSCN1987

DSCN1988

DSCN1989

DSCN1990

DSCN1991

DSCN1994

DSCN1995

DSCN1996

DSCN1997

DSCN1998

DSCN1999

DSCN2000

DSCN2001

DSCN2002


気分転換のつもりで始めたら
羽を整形するのに予想以上の手間がかかってしまって
気が付けば一週間こいつにかかりきり(あれ?)

サイズも当初の予定の倍になりましたが
とりあえず完成。


DSCN2005

DSCN2003


DSCN2007


気分転換にはなりました。



 

優美堂の写真館 19

DSCN1977

羽衣(ui)
2009年制作。
写真集にはやや後ろ姿で載っております。

DSCN1980
 
現状でよければ販売も可 ということで
今えんがわ屋さんにいます。(期間未定)
 
DSCN1974



 

追加。

DSCN1948

いわさきちひろ風味の男の子's
ここまでは女の子達と同じ作業工程なので割愛。 

DSCN1949

毛描きの子。

DSCN1950

ほぼ一発描きなので 写真は撮れませんでした...。

DSCN1951

もう片方は髪張り。

DSCN1956

衣装は甚平。
そのうちえんがわ屋さんに持っていきます。(日取り未定)

DSCN1955



 

玄関ギャラリー

DSCN1934

節分も過ぎましたので
玄関先を雛仕様に模様替えしました。

DSCN1935

DSCN1936

DSCN1942

DSCN1937

DSCN1939

DSCN1938

相変わらず人形の入れ替えはあまりないのですが
春らしく讃良(sasara)にレースのヴェールをかけてみました。

 DSCN1928

DSCN1929




DSCN1930

中央下段に鎮座するのは
胡粉の艶が際立つ享保雛さん。

DSCN1931

DSCN1933

実際に見ると むきたてのゆで卵のような
完璧な磨き仕上げです。






ギャラリー
  • インスタグラム
  • インスタグラム
  • しばらくぶりです。
  • しばらくぶりです。
  • しばらくぶりです。
  • しばらくぶりです。
  • しばらくぶりです。
  • しばらくぶりです。
  • しばらくぶりです。