2015年03月

基本ボディー。

DSCN2024

ボディー作り。

DSCN2025

肩幅のサイズに支柱を切って

 DSCN2027

支柱を起点にアルミ線をまいていきます。

DSCN2029

後は粘土の首・肩部分と手首・足首を 整形していきます。

DSCN2028

ちょこちょこ触ってはいるのですが
まだかかりそうな双子。


 

オッドアイ。

DSCN2019

作業開始はほとんど讃良と同じ時期なのに
まだこんな感じの進み具合の子です。

DSCN2018

時々思い出したように粘土盛ってみたりヤスリ掛けたりしながらも
なかなか着地しない子って
大体 イメージがはっきりしてない子か
理想が高すぎるかのどちらかなのですが
この子は後者のようです。

DSCN2023

 この綺麗な目玉が妥協させてくれません。
 
桃珊瑚色の髪の中華風天女になる予定です。


 

追記。

DSCN2013

羊毛フェルト製 鶴
材料を買い足して ヘロヘロしてた 末端部(嘴・羽根先)を補強してみた。

DSCN2014

DSCN2015

粘土と違っていつ作業を再開しても
素材の状態が変わらないのが
羊毛フェルトの良いところ。

DSCN2016
 


そろそろ本業にもどります。




 
ギャラリー
  • 第一回 小桜アート展。
  • 第一回 小桜アート展。
  • 第一回 小桜アート展。
  • 第一回 小桜アート展。
  • 第一回 小桜アート展。
  • 第一回 小桜アート展。
  • 台風24号。
  • 小桜アート展
  • 小桜アート展