・黒桜・篠白

まだまだ先は長いです。

DSCN7238

後頭部が乾いたので首うけ部分。

DSCN7239

ごりごり削ります。

DSCN7240

側面凸凹。

DSCN7241

同じく。


DSCN7242

胴体。

DSCN7243

軽く目安を引いて削る。

DSCN7244

 ヤスリをかけて粘土を補充。

DSCN7245




 

報告。

DSCN7249

まだいろいろ途中なんですけど
今こんな感じ。 

DSCN7251


DSCN7253

DSCN7254

↑目の高さを見ながら鼻作ってるんでちょっと見開き気味。
(もう少し細く仕上げる予定)

DSCN7255

耳乾かしてます。

DSCN7256

少々長めの手足 。
こちらも乾かし中。

 

耳。

DSCN7257

耳を作っていきます。
あたりの位置に生粘土を付けて 

DSCN7258

乾かしてた耳の外側部分をのせます。

DSCN7259

ざっくりと全体を整形。

DSCN7260

バランスを気にしながら反対側も位置決め。

DSCN7261

ピアスホールも大体作っておきます。

DSCN7262

正面。



DSCN7263

こちらは若干狐耳。

DSCN7264

手順は同じです。

DSCN7265

正面から見ると厚みが違いますが
乾いてからの擦り合わせになります。



 

作業報告。

DSCN7285

耳の本整形の前にピアスホールの微調整。

DSCN7286

ピン型もひっかけ型も程よくおさまってくれる位置で
左右をあわせていきます。

DSCN7287

DSCN7284


 

まだやってます。

DSCN7288

やっとキャッチ部分が安定して付けれるようになってきました。

DSCN7290

DSCN7289

位置(上下左右)と強度(粘土厚)と角度(ピンとキャッチのあたる角度)
とのミリ以下の格闘。

天水なんかはキャッチ部分がヘッド内部にあるため
強度はまったく問題ないんですが
交換するなら頭取らなくちゃいけないんで
客注品ではそうもいかず
耳たぶ部分だけで処理できるようになんとか調整。

DSCN7291

こっちは狐耳っぽくなってきました。





 
ギャラリー
  • 第3回 浜松OpenArt 開始
  • 第3回 浜松OpenArt 開始
  • 第3回 浜松OpenArt 開始
  • 第3回 浜松OpenArt 開始
  • 第3回 浜松OpenArt 開始
  • 第3回 浜松OpenArt 開始
  • 第3回 浜松OpenArt 開始
  • 第3回 浜松OpenArt 開始
  • 第3回 浜松OpenArt 開始
メッセージ
  • ライブドアブログ