作品写真

双葉・若葉

DSCN9219

改めて写真撮りました
双葉(hutaba)

DSCN9220

DSCN9221

 DSCN9223



DSCN9224

DSCN9225

DSCN9226





今回評判の良かった
若葉(wakaba)

 DSCN9228

DSCN9229

DSCN9237

DSCN9238

DSCN9227


DSCN9231

DSCN9235



DSCN9263

現在玄関ギャラリー別枠にいます。






優美堂の写真館 21

DSCN8170

改めて三娘 長女 甲(kou)

DSCN8171

DSCN8173

DSCN8175

DSCN8187

DSCN8186

玉響さん製グラスアイ 
シングルアイ 赤系(s-394) 青系(s-292) 18mm 仕様。

三人の中で一番イメージボードに近い出来の娘。




DSCN8192
 
三娘 次女 乙(oto)

DSCN8194

DSCN8201

DSCN8197

DSCN8198

玉響さん製グラスアイ
瑠璃紺金茶の差し色 18mm 仕様。

迷走に迷走を重ねてくれた困ったちゃんも
仕上がってしまえば涼しい顔。



DSCN8203

三娘 末娘 丙(hinoe)

DSCN8205

DSCN8215

DSCN8204

DSCN8211

DSCN8208

玉響さん製グラスアイ
灰赤紫とわすれな草のグラデーション 18mm 仕様。

形の粗取りの段階から
自分はこういう顔になると主張し続けてきた娘。
何体かに一体はこういう子がでてくる。

制作者としては非常に楽出来る子。



以上 三娘でした。









 

OB展報告。

DSCN8234

ちょっと間が空いてしまいましたが
OB展報告。

今年は人形とうさぎ達を出品しました。

 DSCN8225

DSCN8228


DSCN8233

DSCN8221

えんがわ屋さんのマスコット白黒うさぎも
にゅあんす堂作の原画とともに展示。

DSCN8232

DSCN8258

なんとか仕上がった三娘。

DSCN8257

次女下の猫は伏見の土人形眠り猫の
自作レプリカ

DSCN8226

三娘はそれぞれ

DSCN8237

 長女 甲(kou)↑

DSCN8247

 次女 乙(oto)↑

DSCN8255

 末娘 丙(hinoe)↑  と命名しました。


  

 

黒桜・篠白

DSCN7552

注文主さんから了解をいただきまして
仕上がり掲載。
アクセサリーは撮影用に私物を流用。

DSCN7559

DSCN7562

DSCN7556
 
DSCN7565


こちらは注文主さんが用意した
アクセサリー着用↓。

DSCN7571

DSCN7573


DSCN7572

DSCN7574

 ここからさらに増やしていくそうです。

DSCN7570


クロ→黒桜(kurou)
シロ→篠白(suzusiro)     と命名されました。






 

優美堂の写真館 20

DSCN7102

OB展の会場の光源があまり好みでなかったので
晴れた日に玄関先で撮り直してみました。

羽根っ子双子 (青)<ao>


DSCN7103

DSCN7108

DSCN7107


そして

羽根っ子双子   (白)<siro>


DSCN7096

DSCN7094

DSCN7100

DSCN7092




DSCN7114



私のつくる人形はみんな
発生の時点で 多かれ少なかれ
その子だけの物語を背負って産まれてきます。


けど出来上がった瞬間 
彼等はわたしの手を離れて
見る人それぞれの中で
勝手に雄弁に自らを語りだすようです。


時には 私の付けた名前さえ 
記号にすぎません。


あなたが彼等を見た時に感じたもの
それがあなたにとっての正解だと
私は言い切ります。


元来良い人形とは
持ち主にとって
どういう存在なのかが
問われるモノなのではないでしょうか。









ギャラリー
  • 小物。
  • 小物。
  • 小物。
  • 小物。
  • 小物。
  • 第二回 小桜アート展
  • 第二回 小桜アート展
  • 第二回 小桜アート展
  • 第二回 小桜アート展