リメイク

昨日・今日の優美堂。

DSCN0614

ちょっとウチの子以外。
ドイツのハンドベルク製 1910年頃の子なので約100年前の子です。
初西洋人形。

ずっと和・中華風ばかり制作していたので
勉強のために お迎えしました。
 
DSCN0616DSCN0622

↑とりあえず固まってたモヘアウイッグをほぐして↑セット

DSCN0627

制作当時のウィッグを貼付けた跡が肌に残っていたので
 ちょっとチャレンジ

 DSCN0628

DSCN0630DSCN0632

DSCN0631DSCN0633

DSCN0634

すっきり・さっぱり。

DSCN0635

衣装を制作してウイッグを交換する手筈です。
経過は後日。 

リメイクその後。

DSCN0727

衣装完成しました~。(って縫ったの私じゃないんですが....。)

DSCN0724
 
ついでにウイッグを変えるとこうなります。↓

DSCN0711
 
人毛のブロンドなんですが ブラウンモヘアと比べると
かなりお姉さんっぽくなります。

ついでなんで手持ちのブルネットもためしてみました。
 
DSCN0736

 DSCN0733

どれも意外と似合いました。

 DSCN0722DSCN0717DSCN0730

DSCN0714


この子を見ていると 
自分たちが 平たい顔族だということをあらためて実感します。

リメイク。

DSCN0766

ヘッドドレスから 白のコサージュに変えてみました。

 DSCN0765

DSCN0769


DSCN0771

DSCN0756

ちょっとのことなんですが かなり印象が変わります。



 

人形じゃないんですが。

DSCN6571

人形じゃないんですがリメイク(?)
えんがわ屋さんとこの割れた大鉢。

DSCN6573

DSCN6572

すでにボンドで接着済みで 
ディスプレイとして使用されていたのですが
触ると少し指先がひっかかる箇所があるのが気になって
お借りしてきました。

DSCN6574

パテでひび部分を埋めていきます。
後で景色にするため少々高盛ぎみ。

DSCN6577

DSCN6575

DSCN6576

カシューの金漆に金粉をまぜたもので
パテ部分を塗っていくと こう↓

DSCN6583

DSCN6581

DSCN6582

DSCN6580

なんちゃって金継ぎのできあがりです。




 
ギャラリー
  • 小物。
  • 小物。
  • 小物。
  • 小物。
  • 小物。
  • 第二回 小桜アート展
  • 第二回 小桜アート展
  • 第二回 小桜アート展
  • 第二回 小桜アート展